母が遺してくれたもの(1)

0


    自分史「生かされて生き万緑の中に老ゆ」
     
    立春を過ぎてもまだ寒さは厳しい。
    でも、陽射しだけはすっかり春になった。

     

    「一陽来復の春」というのか、キラキラした春の陽射し
    を浴びると、何故か気持ちも明るく前向きになってくる。

     

    空き家になった旧実家を片付けながら、母の遺した著書や
    原稿などを整理し、次々と祭壇に並べている。

     

    生前母はいつも言っていた。
     

    「私は墓も位牌も要らない。私の墓標は本。」
     

    その希望通り実行しているわけだが、「お墓」については
    まだ検討中だ。母の亡骸は目下京都府立医大に「献体」中
    でお骨返還は3年後とか。それまでにゆっくり考えたらいい
    と思っている。

     

    そんな中で、母の遺した懐かしくも貴重な資料がいろいろ
    出てきた。

     

    まずは、母が70歳になって初めて書いた自分史
    「生かされて生き万緑の中に老ゆ」
    について紹介されたNHK情報誌「ステラ」(1994年)
    の記事。


    sutera.jpg


    受賞パーティーで談笑する嬉しそうな母の姿も掲載されている。
    母が一番輝いていた時代だ。



    記事の最初の部分だけ書き写してみる。
     

    自分史文学賞大賞受賞
     「生かされて生き万緑の中に老ゆ」


     NHK学園では、創立30周年を記念して「自分史文学賞」の作品募集をしましたが、応募540点の中から、審査委員長のノーベル文学賞受賞の大江健三郎先生ほかの審査によって、大賞に選ばれたのが、京都
    市にお住まいの井筒紀久枝さん(現在73歳)の「生かされて生き万緑の中に老ゆ」という作品でした。
     井筒さんは福井県に生まれ、母と義理の父と貧困の中に暮らし、小学校卒業と同時に、紙漉きとして働き、昭和18年、大陸の花嫁として当時の満州に渡りました。敗戦で赤ん坊とともに生死をくぐって引き揚げ。
    その後も苦労の連続でしたが、ずっと続けていた俳句と短歌の成果が表れ、井筒さんの歌が昭和43年の「宮中歌会始め」の入選の栄に浴しました。
     その後、NHK学園の「文章」「自分史」の講座で学び、そのリポートとして自分の体験を切々とつづり、それをまとめたのが、この作品です。
     NHKでは去年8月、ラジオの深夜放送「ラジオ深夜便」でこの作品を15回に渡って朗読し紹介しました。この放送が大きな反響を呼び、企画をしたNHKラジオセンターの山口剛ディレクターと朗読をした
    日野直子アナウンサーを驚かせました。あまりの反響に、そのあと12月(15回)と今年の8月(18回)と重ねてこの作品を朗読しましたが、またまたたくさんの新しい感動の電話や手紙が寄せられました。

    (後略)

    この後、母の作品を朗読してくださった日野アナウンサーのインタ
    ビューが続く。

     

    そして、最後の頁には審査委員長の大江健三郎氏の嬉しいお言葉も。

    自分史文学賞の審査にあたった大江健三郎先生の言葉
     

     ザックバランに矛盾もくみこみながら、それとして、強い庶民の個性をつらぬきうる「自分史」の書き方が工夫されているのである。戦争と戦後、旧満州と日本、そこでなんども苛酷な運命を生きながら、決してくじけぬ女性の生命力と生きる知恵、努力ということ(楽天的な信頼)さえ分けもたせる「自分史」。僕は具体的に「自分史」の本当のかたちをひとつ、教えられた。


    ありがたいお言葉。本当に名誉なことだったんだなぁ。

    母は、この作品を世に出したことで、さらに次の課題に取り組む
    ことになる。それは、赤裸々に吐き出したはずの自分史でも、
    まだ書ききれなかった「戦争体験」だった。


    母が「戦争体験」を死ぬまで語り書こうと決心したきっかっけとなった
    この作品

    「生かされて生き万緑の中に老ゆ」

    http://www.balloon.ne.jp/453room/new_page_2%20ikasarete.htm

    ikasarete - コピー.jpg

    これを機にもう一度じっくり読み直してみたい。
     


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    profilephoto
    俳句結社「雉」同人。俳号、亜紀。 「京大俳句を読む会」運営委員。俳人協会会員。 ホームページ「平和への祈り」を管理。 「俳句誌「雉」HP「支部のページ」に、 「関西地区だより」を発信中。

    カテゴリー

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    リンク

    ハロー’でつながるWeb広場

    最新の記事

    月別更新一覧

    コメント

    サイト内検索

    others

    携帯用QRコード

    qrcode